電車を乗り継いで郊外へ。 もう一度恋がしたい…。

 

旦那に異性として見られなくなった秋野千尋がときめきを求めて一人旅。 年に何度も訪れることのない旦那を忘れる温泉旅行のチャンス。 見知らぬ男に声をかけて、意味ありげに薬指の結婚指輪を外します。

 

傷心旅行に来ているという男の後ろから優しく抱きついて、「わたしがなぐさめてあげましょうか」 背中に当たる巨乳の感触に男のモラルも崩壊。 今日だけはオンナとして見られたい千尋の思いを受け止めて。 一人旅と人妻のとても危険な化学反応に熱く燃え上がる。