小鳥遊つばさ(たかなしつばさ)は

いつも通り買い物を済ませ自宅へ向かっていた。

いつもと違うのはそのぎこちない歩き方…

 

 

 

 

 

 

こんなことならスーパーで

行ってくればよかった…トイレ!

 

間に合うか間に合わないかの瀬戸際、

どうかエレベーターの神様よ、今日は

スムーズに迎えに来て~!!!

 

しかし団地のエレベーターはつばさの

膀胱を裏切るように中々やって来ない。

 

公共の場で股間を押さえてたたずむ

団地妻のもとへぎりぎりのタイミング

でエレベーターが到着した。が…

 

無常にもそのエレベーターに乗っていた

のはいつもの粘着男。ショックっ!

 

あぁ、おねがい、今は話しかけないでっ。

もう、もぅぅぅ、だめーぇぇ!

 

やっちゃったよ、またやっちゃったよ。