未亡人になった草凪純は欲求不満を抱えながらも女手1つでたった一人の息子を育てていた。ある日息子のザーメンたっぷりに汚れた下着を見つけて欲情し、思わず一人オナニーにふけっている姿を息子に見られてしまった。その日から息子と母親以上の関係を続ける純は毎日毎日可愛い息子のイチモツを咥えていた。