朝目が覚めると、れいが僕の上に跨り「ね~、エッチしょ」と笑顔でオネダリ。少し眠いけど僕の乳首や股間を笑顔で舐めたり擦ったりしてくれる健気な痴女を見ていると、やばっ、俺暴走しちゃうよ~。服の上からでも感じとれるれいの硬直した乳首を思わず揉むと体をヒクヒクと痙攣させながら大興奮!