僕が前から気になっていた美人上司・・

 

二人きりで飲みにいったあの日から、

僕の人生が変わった。

 

終電を気にする僕を、飲み足りないと

自宅に誘う彼女。

戸惑いながらも、僕は期待に胸を膨らませていた。

 

実は、彼女にはダンナがいた。

ダンナは、疼く僕の下半身の事情も知らないで、

快く迎え入れてくれた。

 

しばらくして、ダンナが席を外した隙に、

彼女が体をくねらせて僕に甘えてきた。

 

ダンナの存在を気にして戸惑う僕を押し倒し、

慣れた舌使いでキスをする。もう我慢できない!!

 

彼女の裸体にむしゃぶりつき、

僕らは無我夢中で快楽に没頭し果てる。

 

僕は罪悪感より、別室で休んでいるダンナを

気にすることもなく、激しく乱れる彼女に興奮を覚えた。