小さい頃から仲良しの近所に住む幼馴染。

親公認の仲で、兄妹のように育ってきた千晶ちゃん。

昔から学校の登下校も一緒の時間で…

 

 

 

 

 

 

寝坊助だった俺を毎朝部屋まで

お越しに来てくれていた。

 

社会人になっても相変わらず用事の

ある日には勝手に部屋に入ってきては、

寝ている俺の毛布をはぎ取って無理やり

起こそうとしてくる。

 

その日は前日夜遅くまで起きていて

疲れていたので昼頃まで寝ているつもり

だったのだが、

 

なんだか股間のあたりがムズムズ…

目が覚めてしまった。

気が付くと、目の前に全裸の千晶ちゃん。

美味しそうに俺のチンポを頬ぼっている。

 

身体だけは立派に育ってすっかり淫乱に

なってしまったらしく、

 

グショグショになった股間を俺の顔に

無理やりこすりつけてくる。