全ての社員が帰り、静まり返ったオフィスに、黒覆面を被った男達が侵入してきた。彼らはこの会社の乗っ取りを企てている様子。様々な情報を収集し、遂に乗っ取りに成功!…

 

かと思ったら、残業で一人オフィスに残り仕事をしていた小池愛菜を発見!男達は彼女に詰め寄り自分たちの秘密を知ったからには仲間に入るように強要し、無理やり黒い覆面を被せられた。

 

後ろ手に手をつかまれて動けなくなった彼女を無理やり性欲処理班として働かせることに決定!黒覆面男達は大勢で詰め寄り、彼女の服やパンストを引き裂きながらベロベロと体中を舐めまわした。白いブラウスを剥ぎ取られ、可愛い胸まで露わにされ、黒パンティーの脇からイヤラシイまでのモリマンが顔をのぞかせていた。

 

遂にパンティーまでまくり上げられてベロベロとマンコを舐めまわされ、止めてと懇願する彼女に全く耳を貸すことなくデスクの上でケツを突き出さされてのバックスタイルでマンコ全開に!男達は彼女のマンコを美味しそうに代わる代わる舐めまわされて、更に彼女の顔はいがみっぱなしw

 

ケツ穴までしっかりと舐められ、続いてハサミで服をビリビリに切り裂き素っ裸にされてしまった。彼女の周りに突き出された覆面男達のちんこを手コキとフェラで順番に強制奉仕。臭いデカマラまでも口の奥深くまで咥えさせられ息ができない。

 

一人の男が、正常位で彼女のマンコにちんこを挿入。腰を振られている最中に他の男が彼女の口に深々とちんこを捩じ込む。次は、仰向けになった男の上にまたがらされて、騎乗位で無理やり腰を振らされる羽目に。両脇から二人の男達に乳首を舐められて、鳴き声しか出てこない。

 

更に、違う男がバックで挿入。片足をあげられて無理やり「気持ちい…もっとお願いします…」まで強要される。激しく腰を振られて息が上がる彼女を、またもやデスクの上に乗せられて、開脚ポーズで挿入。

それが終わると、次々に男達のちんこをフェラ奉仕しながら、下の口でも臭いちんこを受け入れることになった。汚いちんこの性処理道具に成り下がった彼女。まだまだ男達の性処理は終わらない。無間地獄のような屈辱ワールドが続いていくばかり。

 

続いて男達が見つめる中カメラの前で彼女一人で踊らされ、自分の指でマンコを広げながら、「もっとちんこをください」と言わされて、屈辱の極みを味合わされることにw

さらに、テーブルの上に乗り渡されたローターをマンコにあてがいながらオナニー披露までさせられた。次に、一列に並んだ男達のちんこを次々と手コキ奉仕。さらにフェラ奉仕まで強制。

 

男達は我慢ができず、次々に彼女のマンコへ中出しまで。溢れた精液がソファーに滴り、それを無理やり舐めさせられて、口の中が臭いザー汁でいっぱいになってしまった。