志摩氏の口調もなかなか優しくて不気味だ。言うこと聞かなかったらねぇ~どうしてやろうかなぁ~と甘い口調でエグイ責めのスパンキングから始まる。

 

このオヤジはただの変態だななんて、甘いことを考えている景子ちゃん。とんだ勘違いだよぉ~。いたぁい~こわぁ~いと言いながらかなりスタイリッシュで綺麗な裸をしています。亀甲縛りが余計に食い込んでとっても興奮させる色白さだ。

 

おっぱい取れちゃう~と自然なリアクションに徐々にテンションを上げていきます。今回は、ハードに責めるだけじゃない、感じさせてM性を露わにさせるカリスマの懐の深さに感銘をうけよう。

 

優しい浣腸は特にエロい、景子ちゃんは、徐々に快感に震え恥ずかしがりながら形のいい若いケツの穴から排泄する姿がとっても可愛いぜ。これ以上は見たものしかわからない、どす黒い男たちのドリームが展開していくのである。