体を壊し働けない妹の借金返済の為に金融屋を駆け回る姉:まりな42歳。

 

熟した身なりと世間体では夜の仕事にも行けず、

返済期限はとうに過ぎていた。利息も払えない状態。

 

ある金融の男に「あなたみたいな人が短期で高額を手にするには・・・」と、

メモを渡された住所へと来てみると、

そこは表社会から裏の社会へ通じる地獄の門だった!

 

鬼畜男の冷たい説明・・・「これは妹のため・・・」と、

必死に自分に言い聞かせるまりなだったが、

こんな悲痛な快感は初めて、壊れるほど感じる自分がそこにはあった。

 

何かが目覚めようとしていた。

妻子持ちの温かい家庭にはもう戻れない・・・

あなた・・・ごめんなさい・・・