逆さづりされイラマをされ、蝋燭を口の中にたらされ、さらには鋭角な三角木馬に乗せられムチで叩かれ続ける。苦痛に泣きわめくも、その声は男達にとってはアドレナリンを出させる元手しか無い。興奮がMAXに達すると、もうプレイの域を超えリアル拷問に。この苦痛にかなはどこまで耐えられるのか?