ソムリエに扮した静香嬢が大量のザーメンのみに挑む。まずは1本1本抜いてのグラスに注ぎ、臭いをかぎ、下で味見をします。ソムリエールになりきり、放出されたザー汁を口の中で味わいながら説明してくれました。メインのぶっかけシーンではいきなり左右からザーメンが飛び交い、見る見る顔がネバネバに。