自らの肉壷を指で掻き回しながら懇願する亜由美。その肉壷を見ると陰毛が無く、細部まで詳細に観察出来た。必要以上に肉棒や睾丸を舐めまくる彼女に肉棒を挿入すれば、より卑猥に身体をひねり喘ぎだした…