ある日、母が家事をしていると

一本の電話がかかってくる。

その相手は保険会社の男だった。

 

 

 

 

 

 

母はその電話により、夫に生命保険

をかけていたことを思いだす・・。

 

しかし、保険会社の男は長女と

ただならぬ関係をもっていた・・・

 

全ては姉妹の画策の範疇にあるとも

知らずに母は父を・・・