閉店後のバーでやけ酒を飲んでいる麻紀様。

どうも友達に年下の彼氏が出来たことにすこし

あせりを感じているようだ…

 

 

 

 

 

 

マティーニを何杯も飲みかなり泥酔している。

そんな時にふっと目をやったのが

バーテンの阿川くん。

 

「ずっと好きだったよ」と告白され、

熱いキスを求めてきた。

 

「俺じゃ…ダメかな」と甘い言葉をささやき、

さすがの麻妃様も心を奪われたようだった。

 

酔った勢いもあって、

二人で部屋へと消えていった。

 

久々に感じた若い男の愛情に

麻妃様はどんどん溺れていったのだった。