公開謝罪OL性処理奉仕種付姦【後編】 顧客への公開

謝罪会見で自分の身体までをも顧客への賠償責任の

ためと提供させられ、憔悴しきってオフィスへ…

 

 

 

 

 

 

しかし、それですべてが終わった

訳ではなかった。

 

さらに上司からの呼び出しを受けて、

会社の信用責任をとる羽目に…。

 

上司の男は彼女に再度屈辱的な調教を始めた。

 

立マンで激しく腰を振られてパイパン

マンコにズブズブと深く挿入。

 

腰を振られるたびにイヤラシイ声が繰り返される。

次はテーブルの上に座らされ、開脚ポーズで挿入。

 

ディープキスで口を塞がれながら激しい挿入に

またもや吐息が漏れ漏れw

そこへ他の従業員も集まって来た。

 

激しくヨガリ声をあげる彼女を囲んでじっくりと

観察までされてしまっている!

 

上司は調教のフィニッシュとして彼女のマンコへ

中出し。

 

上司の調教後は従業員たちによる更なる激しい

縛めが待っていた。

嫌がる彼女を囲み体中を舐めまわし、でーぷきすに

乳首まで吸われて、片足を持ち上げられて

パイパンマンコが丸見え状態。

 

またもやテーブルの上で開脚ポーズをさせられて

大股開きになったマンコとクリをクンニ!

 

やめてと叫ぶ彼女。

しかし、これではおさまらず、3人の男達は

彼女の顔にちんぽを突き出し、銜え込むよう強要!

 

喉の奥まで突っ込むと、咽ぶ彼女だがそんなことは

気にしない。鼻をつまんでのイラマを強要し、

両手で2本のちんこを手コキして、

もう一本を同時に咥え込む恥さらしものになった。

 

つづいて、テーブルに手をついてのバックスタイル

で男はちんぽを挿入。

それと同時にもう一人の男は彼女の口を塞ぐように

フェラを強要した。

奥まで掘られながらも謝り続ける彼女。

 

入れ代わり立ち代わりに男達の激しい腰振りで、
鳴き声まで出す始末。

 

立ちファックではスパンキングまでされて、

プリプリおケツが赤みを帯びる始末。

 

つづいて、マットの上に押し倒され正常位での挿入。

 

さらに背面騎乗位での激しい腰振りに耐えられない

表情をする彼女。

つづいてマングリ返しにされての挿入でも、

激しい腰振りの最中に謝罪の言葉が続く。

 

男は正常位で中出しし、抜いたちんぽを彼女の

口に押し込んでお掃除フェラまで強要。

 

次の男もバックから挿入しての中出し。

ぐったりした彼女は最後まで罵声を

浴びせられながら捨てられていった。