道を大胆なミニスカートで歩かされている。

この状況で命令をするカリスマ。ある意味安心感が

女の表情から解る。

 

 

 

 

 

 

かじかむ手で股を開かせ小便を

強要するカリスマ。

 

さらに小便を飲ませる。

極寒状態の責めは続く。鞭でめった打ちだ。

 

恍惚に染まり啼く美並が可愛い。

 

吹雪の中樹木に逆さ吊るされ長く

美しい髪が鞭を打たれる度になびく。

白と黒のコントラストがとても芸術的だ。

 

寒さと快感ににかたく硬直する乳首が

とても美しい。このうえ乳首を針で貫く。

 

この2人に絶対的な愛を証明する見事な責めだ。

夜半になっても責めはエスカレートしていく。

 

真っ白な美しい尻を火炎放射で焼かれ

吊るされたままおもらしをする美並は

本当に永遠に責めたくなるほどの

Mエネルギーに満ちている。

 

カリスマでなければ手におえない。

この先どこまで責めはエスカレート

するのだろうか。

度肝を抜いてもらおう。

それを期待して鑑賞しよう。

 

志摩紫光のもっともノッテいる時代を

代表した作品であることは間違いない。