朝からおしっこをするなと言われてきた女南川彩子。

言葉使いが悪く、調教のし直しが必要だ。いつもより

強い口調のカリスマ。鞭打ち乱打に観念して素直に…

 

 

 

 

 

若い割に熟したいやらしい躰がいい。

野外で青空のもと性器を露出した女。

 

首輪、全裸。男好きのする体を鞭で

追い立てる。渓流に入れと!!

 

季節は、初夏。しかし川の水は冷たい。

「おしっこを飲みます」いい心がけだ。

 

ちゃんとすべてを飲んだ後は、

そのままフェラ移動。

流れるようなよどみのない展開である。

 

お前の体は、

俺が気持ちよくなるためにあるんだ。

 

犬のようにフェラをしたままおしっこを

する彩子は、パイパンの土手から小陰唇を

盛り上がらせ犬のようにしょんべんをする。

 

震える彩子の表情が青ざめてゆく。

なかなかのM性に興奮度が増してゆく、

牛乳がケツに注がれる。何本も。

 

いやらしくもみずみずしいお尻が震えている。

浣腸をされながら漏れる喘ぎがいい声である。

 

可愛いぞ!!さあここからがアートの世界だ。

蜘蛛の巣縛りの見事さに驚きます。

まるで糸に絡まった蝶。

 

身動きできぬまま、アナルと膣を

双頭ディルドで責めまくられだ!!

 

世界の緊縛アートの王志摩紫光をとことん

ご堪能して下さい。

 

お姉さん、野外、フェラ、飲尿、浣腸、緊縛、

鞭、蝋燭、アナル、剃毛、パイパン、バイブ