ご主人に対しても控えめで、普段から相手に合わせる

のが好きという明海さん。

 

 

 

 

 

 

 

そんな彼女もハメ師に鏡の前で後ろから

がんがん突き上げられると、

 

頬を赤らめながらもマンコをグチョグチョ

濡らして感じまくってしまいます。