「母さん!起きて!」店で泥酔していた

母を迎えにきた母思いの息子。

寝ぼけている瑠美は夫と間違え「やりたいの!」…

 

 

 

 

 

 

必死に振り払う息子だが、母の肉厚な太もも、

柔らかそうな乳房に自分を押さえきれなくなり

眠っている母に手を出してしまう!・・・

 

瑠美が目を覚ましたのは息子のザーメンが

膣内に放出され数時間後。

 

自分の姿を見て何が起こったか悟った母は

息子に語りかける・・・

「寂しかったのね?

お母さんがしてあげる、動かなくて良いのよ」

と・・・。